FC2ブログ
金沢大学医学部大学院でプラセンタの研究をしている博士課程の吉川智香子先輩(足女出身)。先輩はダンスもすごいんですよ~。踊る薬剤師さんです♪
吉川先輩の過去の記事はこちら 
utf-8P8130002.jpg


先輩は、青樹会には高校三年生から通い始めました。
「高校時代英語が大の苦手で、しかも高校3年の夏までダンスしかしてなかったので崖っぷちの大学受験でした。薬学部に合格できたのは、五島先生と出会えたからだと思います。」と吉川先輩。


今回忙しい中、高校生からの質問
「高校時代の化学って、薬学部系に行ったら必須ですよね?
 どうしたら化学ができるようになりますか?」に答えてくれました。

智香先輩
「化学に対して常に「なぜ?」と思うことが大切です。
なぜ空は青いのだろう、なぜ水は形を変えることができるのだろう。なぜ?なぜ?
これが私の原動力です。
なぜ植物はCO2をO2にできるの?
なぜ銅や亜鉛で電気を起こせるの?
このように疑問をもてば、そのままにしておくと気分が悪いので、解決したくなります。
そして、難しい疑問であればある程、解決したときの喜びはこの上ないものです。

高校の化学は深いところまで追求しないので、そのなぜ?が解決されないこともたくさんあります。
でもまず疑問を持つことが大切です。他の教科でも同じかもしれませんね。
暗記することも時には必要かもしれません。
でも、まず自分が抱いた疑問を一つ一つ解決する努力をしていってください。


ちなみに、具体的な勉強法は、
・化学式を書きまくる。(もちろんその化学式の意味を考えながら。疑問を解決しながら)
・教科書や参考書をひたすら読む。(わからないところは何度でも)
・どうしてもわからないところは化学の先生にしつこく質問する(たとえ試験にでない高校化学以外のとこでも)
・何度も問題を解く。(なぜ?が解決されるまで。)


私は要領よく勉強するタイプではないので、ひたすらコツコツやっていた気がします。
そして薬剤師国家試験の時も同じように勉強していました。判らないところは授業の終わりや放課後、一人学校に残り、教授室の前で待ち伏せして、教授に質問攻撃。迷惑かと思いきや、以外にも先生方は快く答えてくれました。大学の大きな黒板が真っ白になるくらい教授と議論をし続けることも多々ありました。」


*****

青樹会の高校生の皆さんへ

「片目の猿」というお話を知っていますか?
「ある一匹の猿は両目の猿でした。
ですが、まわりの猿たちはみんな片目の猿でした。
その猿たちは両目の猿を罵倒し、否定し、仲間外れにしました。
両目の猿は、最後に、自分の目をつぶして片目の猿になりました。」
皆さんがこの猿ならどうしますか?

青樹会に通う前の私は、確実に片目の猿になっていたと思います。
でも今は、自分にほんの少しでも自信を持つことで、周りの環境も変えることができると感じていて、両目の猿のまま生きていけると信じています。
青樹会の先輩方も、それぞれの道で、両目の猿のまま前へ進んでいます。
高校生の皆さんにも、この先どんな困難なできごとがあったとしても、両目の猿でいてほしいと願っています。
青樹会の皆さんなら、きっとできます。
自尊心を持って、前を向いて歩いていってください。


*化学のこと、薬剤師のこと、それ以外でも何か質問があったらご連絡ください。
できる限りお答えします。

皆さんの未来が自分らしく輝きますように。


吉川智香子


*****


智香先輩は「金沢に青樹会があればいいのに」というくらいの青樹会っ子(と未来の博士に言っていいものか・・・。)
智香先輩にとって、青樹会は
「一人の責任ある大人として、認めてくれる場所。
 自尊心が養われる感覚です。
 それに五島先生と会話するうちに心が浄化されるというか・・・」

先生の言葉が、遠く金沢にいる智香先輩にも元気をくれるのだそうです。

「キラキラしている人には、キラキラした人がついてくるのよ。」

「自分の力ではどうあがいても解決できないこともある。だからね、自分で物事を変えられるっていうのは、幸せなことなのよ。」

「Cool head &Warm Heart」

「心の弱い人間は、自分を守るためにすぐに人を裏切ったり、傷つけたりするもんなのよ。
 だから智香ちゃんはそういう弱い人間を許せる人間になりなさい。」


*****

先輩また帰って来てくださいね。
心のこもった温かいメッセージ、ありがとうございました!
スポンサーサイト



2012.08.24 Fri l 卒業生(英語コース出身)の活躍 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seijukai100.blog91.fc2.com/tb.php/87-87af0837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)