FC2ブログ
堀江絢子先輩(佐女高卒)は、タイ・バンコクのシナワトラ大学院修士コースで研究してきました。研究のテーマは「日本の小学校英語教育」です。

フィリピンのセブ島で行われた英語教育学の学会で研究結果を発表をし、修士論文がジャーナルに掲載されました。

ジャーナルの内容です↓↓
The Asian EFL Journal (論文URL)

研究テーマの「日本の小学校英語教育」。
2011年に小学校での英語教育の必修化が始まりました。
論文では、教育関係者へのインタビュー、小学生へのアンケートを通して現状を明らかにし、新しい英語指導法を提案しています。

実は、この修士論文執筆には、青樹会の先生たちも協力しています。
タイにいる堀江先輩に代わり、MASAMI先生が佐野の小学生や先生たちの元を訪れ、インタビューしてきました。(ご協力いただいた先生方、ありがとうございました!)
また、日本の英語教育に長年かかわってきている五島先生、小学校で英語教育の現場に立った経験のあるMASAMI先生もインタビューに答えています。

*****

そもそも堀江先輩が海外に出たのは、大学4年生の時。大学の卒業単位を3年までに取得し、4年時に、ワーキングホリデーでニュージーランドに渡ります。その後アジアを中心に、バックパッカーで数か月旅を続けたそうです。現在はタイで仕事をしていますが、もうすぐ中東に行き仕事をすることが決まっている、というお話を伺いました。国際的、ですよね。

青樹会には中学生の頃から通い始めたそうですが、
「私の英語の原点は青樹会」と絢子先輩話していました。

もしかしたら、今の高校生も、10年後、20年後、自分がどこか遠くの国で仕事をしてるなんてこともあるかもしれませんね。
スポンサーサイト



2012.05.26 Sat l 卒業生(英語コース出身)の活躍 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seijukai100.blog91.fc2.com/tb.php/55-9b576ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)