FC2ブログ
猫板先輩(仮名・佐女高出身)は、現在香港で日本語教師をされています。
香港の学生たちに日本語を教える先生、ということですね。

しかしここに至るまで、ユニークな、とても面白い遍歴をたどっている方なのです。

**********

猫板先輩は高校時代、青樹会にアートの生徒として通っていました。
そして、東京造形大学で写真を専攻し、卒業後フリーでカメラマンになります。
1992-96年には青年海外協力隊の写真隊員としてモルディブに赴任し、モルディブの青少年に写真を教えていました。 

ところで皆さん、モルディブってどこにあるか知っていますか?

(正解は・・・モルディブ天国のMAP参照・インドの西側の島々です)


このモルディブ観光案内パンフレットに使われている写真は、猫板先輩が撮影したものです。

モルディブパンフレット 表紙


美しいですね~
モルディブパンフレット その2

本当に魅力あるパンフレットなのです!
(残念ながら、パンフレットそのものを撮ったのは私です・・・。)


モルディブ滞在中、青樹会からも クレヨンや画用紙、そうめんなど支援物資を送っていたそうです。

モルディブは日本には馴染みが薄い国で、それはもちろん佐野でも同じ。モルディブという聞いたこともないところから時折手紙が届くのは、村の郵便局にとっては大きな出来事。

『郵便局の人たちも、「あ~またあの外国からだね」と楽しみに待っていたのよ』と先生。

こんな形で佐野とモルディブの国際交流もあったのですね。


猫板先輩のモルディブでの経験は「モルディブ天国」でみることができます。
モルディブ天国


モルディブから帰国して1年間、東京造形大学で非常勤講師として写真を教えます。
猫板先輩の後輩にあたる青樹会卒業生も、猫板先輩の授業を大学で受けていたという話です。

**********

2005年、一生できる仕事として日本語教師になることを思い立ち、養成所に通いはじめます。
10月、台湾台北へ。 翌年には香港へと辿り着きます。今は、日本語教師生活のとっても面白いブログを日々つづっていらっしゃいます。
かっぱ天国 香港編


アートのY先生、
「猫板は、香港の美味しいものを全て食べつくしたら、帰ってくるんだろうな。絶対 食べつくすまでは帰ってこないぞ」 というくらい、猫板先輩は美味しいものが大好きで、香港の酸いも甘いも まずいもうまいも何でも知っています。ブログの食べ物があまりにも魅力的で、今すぐにでも香港へ飛んでいきたくなってしまいます。


また、先輩のブログを拝見していると、香港における日本語とは ある意味 日本人の英語(ヨーロッパ語)に対する憧れに似ているのでは?と思ったりします。本当の本当に日本語を理解して使っているわけではないので、日本語が間違えて使われていることもしばしば・・・
こういうことですね。
餅?
まだまだある。
トイレ
なるほど。
ノリ


面白いものを見つけたら、瞬きする間もないほどの速さでカメラを構え、鋭くパシャリ!

見ているこちらの心が和む、香港の面白い一面を垣間見ることができる、そんな写真ばかりです。


猫板先輩、ご協力、ありがとうございました!

(MASAMI)
スポンサーサイト



2011.10.12 Wed l 卒業生(アートコース出身)の活躍 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seijukai100.blog91.fc2.com/tb.php/39-e4c68fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)