FC2ブログ
現在教室で行われているメグさんの陶器展。
生徒たちは、作品に実際に触れ、五島先生の話に熱心に耳を傾けます。

生徒は先生の授業で大事なことを学びます。
真剣

「綺麗だな、自分が好きだな、と思う作品を持ってみてね。」
お気に入りをもって1

お気に入りをもって2

「乱暴に扱えば陶器は壊れてしまうもの。それを知ってほしい。だから、ただ見るだけではなく、触れられる展覧会にしたい。触れることで学んでもらえることがあると思う。」という作家の強い要望がありました。

生徒たちはみんな、優しく、じっくりと作品と向き合いました。高校生たちにとって、とても大きな学びとなっています。
スポンサーサイト



2015.04.01 Wed l 授業風景(英・数・国) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seijukai100.blog91.fc2.com/tb.php/156-f394853b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)