FC2ブログ
イギリス、シュルスベリーにあるセバンベールアカデミー(青樹会と20年以上交流のある語学の学校です)でまさに今!語学研修を受けている貴久先輩(佐日出身)からホットな便りが届きました。出発して一週間、最初の週末の休暇をロンドンで過ごしたときのことを書いてくれました!
IMG_5843.jpg
(写真:貴久先輩のホストファミリーの家からの景色 シュルスベリー)


<<<以下 貴久先輩より>>>
まず金曜日の夜にロンドンのEuston駅に着き、ホテルのあるRussel Squereまでの行き方が当然のごとくわからないので人に聞いていました。聞く人聞く人、親切に携帯のグーグルマップを開いて教えてくれたり、途中まで連れていってくれたりと親切な人多いなーと思って過ごしてましたが、ここからが怒涛の感動劇?の始まりでした!笑

次の日、Russell SquareからVictoriaまで歩いていたのですが、途中疲れたのでPiccadilly Circusにあるエロスの像の階段に座っていたら、何と日本の漫画(少年ジャンプ)の日本語版を読み始める女の子がいたので、ビックリして

"Can you read Japanese??" と聞いたら、

"練習してて少し読める" のだとか。

それで僕が練習がてら話をしてて、 "ん??"と思って

"What kind of languages do you speak??"って聞いたら・・・

その子が "Japanese,Chinese,Russian......."

僕は思わず "What???" と言ってしまいました笑

呆気にとられながら話をしていたらあっちが歳を聞いてきたのでこっちも聞いたら何と16歳って言うんでビックリして!!
世界は広いなー!って勝手に思いました(・・;) 笑


そして次の日の日曜日にハリーポッターの撮影現場に行くツアーに参加しました。その時に、自分で自分の写真を撮るのが何か嫌だったので仲間を探していたら1人で来てる日本人を発見!そしてお互いの写真を撮るって形で一緒に回ることにしたのですが、そこで色々と話をしていたら、その人は25歳。僕と2.3歳しか変わらないのに今、ケンブリッジ大学院で英語の研修をしていて、生徒に教えるし先生から教えてもらうということをしている人で、なかなか日本人では難しいポジションにいる人でした。

そういう人に出会い、話してるうちに歳も変わらないのに、この人明らかに俺より凄いな。凄いというのがとても抽象的なので説明しにくいですが、明らかに自分より人生を必死に生きてるし将来の目標もしっかりしてる。その人は言語学の教授になりたくて、出来ればイギリスで、最悪他の国で。らしいです。


今まで一人旅が自分探しの旅とか成長出来るとか世間で言っててもそうは思ってなかったんですけど、今回のイギリス旅行で考えが変わりました!

もちろん、旅先で何もアクションを起こさなければ何も起きずに過ぎていたと思います。ただ、アクションを起こしたからこそ出会いがありそこで得るものがあるんだな。と


少女の話を聞いて思ったことは、
「英語が話せるのが偉いわけではない。」

だって単なるコミュニケーションの1ツールなわけで、ただ英語が世界共通言語であるだけ。

でも、今現在、世界中の人たちが英語を必死に勉強してる。

日本は島国だからと、日本語のみに頼り、依存してるのが日本人。

英語が重要だと知りつつも勉強しないのが日本人。

世界共通言語であるならば勉強するのが当たり前!

同じ年代むしろ下の人たちが世界で頑張ってるんだから俺に出来ないはずない!ってこの土日で感じました(o^^o)♪

ミュージカルのファントムも、ハリーポッターツアーも凄く楽しくて、一生の思い出になりました!でも、こういう出会いで感じたことも一生の思い出になると思い書かせてもらいました!

IMG_5702.jpg

IMG_5764.jpg

IMG_5804.jpg
スポンサーサイト



2015.03.18 Wed l Severnvaleアカデミーでの研修 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seijukai100.blog91.fc2.com/tb.php/150-4191faa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)