FC2ブログ
みなさん、プチ・ベールという野菜を知っていますか。
フランス語の響きをもつPetit Vert.ケールと芽キャベツの交配でできた新野菜、だそうです。

2014年1月の終わりから2月にかけて、青樹会の輪の中で大ブームでした。
というより、五島先生がブームに火をつけました。これは五島先生が10年前から食べている、大好きな野菜なのですが、手に入る時期が限られていて、佐野ではあまりみかけない野菜なのです。

五島先生は「この野菜を作っている人に絶対に会いたい」とずっと思い続けてきました。
そして今年、この生産者(佐野にはこの野菜の生産者はほとんどいないのです)の元を訪れました。高山町の山口さんです。

*****
2月のある日、五島先生からMASAMI先生に電話がありました。
五「最後のプチ・ベールが出荷されたから、全部買ってきた」

M「・・・え?」

五「だから、全部買ったから、いる?」

2014-02-05 01.44.01

貴重なプチ・ベールを分けてもらい、美味しく頂きました。


こんな風に育つ野菜です。
2014-02-07 16.46.36

見て分かるように、一度にたくさん収穫できる野菜ではありません。

2014-02-07 16.47.04


5月に入り、山口さんの畑を訪れ、取材しました。
山口さん「今年はね、気合を入れて野菜を作るよ。今は、五島先生からもらったオランダの野菜を植えて、根付いたところ。野菜を育てるのも、人を育てるのと共通したところがあると思う。」
野菜を作り始めて11年目という山口さん。どんな野菜を植えるか、何の種類にするか、どんな風に育てるか、こだわりがあります。

ということで、青樹会発“山口さんの畑シリーズ”始動です。
スポンサーサイト



2014.05.12 Mon l 山口さんちの野菜 l コメント (0) トラックバック (0) l top