FC2ブログ
12歳から6年間教室に通ってきた航大先輩。「教室は第二の故郷だ」という先輩は、小さい頃から興味があった宇宙について学ぶため、春から東海大学工学部航空宇宙学科に進学します。

先日、この春から高3となる後輩、特に理系の二人に向けて、数学という教科の基礎力の大切さを話してくれました。

「数学の公式の丸暗記は意味がない」とはよく言われることですが、航大先輩はその「丸暗記」をしなかった一人。実践してきた人の話には実感があります。

「問題を解くときに「やり方」を探すのではなく、その問題が言っていることを考えて、調べてみて、やり方はそれから。時間がかかるように見えるかもしれないけれど、実はそれが確実で、後々早くできるようになる。力もつく。青樹会ではひたすらそれをやってきた。」ということを話してくれました。

航大先輩の受験は他の人よりも早い、9月の統一試験から始まりましたが、志望校には2月に合格が決まりました。長い戦いでしたが、最後まで頑張ってやりぬき、合格を勝ち取ることができました。

kota1.jpg

Thank you, Kota!
スポンサーサイト



2016.03.16 Wed l 卒業生(英語コース出身)の活躍 l コメント (1) トラックバック (0) l top
(年末、素敵な報告に教室に来てくれた悠貴先輩から、メッセージが届きました)

青樹会の皆さま

こんにちは、卒業生の三好悠貴です。今年も受験シーズンが終わり、新しいスタートを切る時期となりました。新大学生が青樹会から旅立つ一方で、これから高校3年生は大学受験へ、大学4年生は就職活動へと本格的に挑戦を始めることになりますね。私は春から、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社で働くことが決まりました。そして、先日青樹会へ報告に伺ったところ、五島先生から「就活のアドバイスを是非書いてほしい!」と言われ、ここに書かせていただく次第です。就活についてはたくさんの指南書があるので、今回は最も緊張し、対策が難しい面接について、私が実践したコツをお話しします。


<面接のアドバイス>
1、仕事モードで面接を受ける
 ⇒面接で見られている資質は様々だと思いますが、営業志望の場合は「お客様への対応及び姿勢」を見られていると感じました。雇う側の立場に立つと、「面接している学生が社員となった時に、客にどのように対応するか?そして、どのような印象を与えるか?」はとても大切ですよね。私は「面接も仕事!面接官もお客様!」と考え挑みました。笑顔で落ち着いて対応すること、素直でいることなど、ごく普通の事ですが、面接時の緊張状態ではそれすらできなくなる場合があります。なので、アルバイトを通して、お仕事モードと日常の自分を切り替えることを身に付けておけば、大きな武器になると思います。なにより、お仕事と思えば、緊張を制御できますし、圧迫面接でも心が傷つかず淡々とこなすことも可能です。その結果、自然体で面接にのぞめ、良い印象を与えることができます。

2、勝利ポーズで緊張を取る!
 ⇒社会心理学者Amy Cuddyによれば、たった2分の勝利ポーズが自分の心と印象に大きく影響しているそうです。これは就活の面接にも有効という実験結果が出ており、私自身も面接前に実践していました。面接直前にやれることは限られています。そんなとき不安に押しつぶされるのではなく、是非科学の力を借りてみてはいかがですか?
参照:TED talk:Amy Cuddy “Your body language shapes who you are”(日本語字幕あり)

3、さいごに
青樹会のブログでは高校生向けの記事が多いですが、将来誰もが向き合う就職活動について今回はお話しました。大学受験と同様に、最初は何も分からなくて不安かと思いますが、今後皆様がそれぞれ素敵なご縁を得られますよう応援しています。その際に、私の経験とアドバイスが少しでも役に立てればと願っています。高校生の皆さんは、これからの人生で何枚もの壁に対峙しなければなりません。その一つ目が大学受験です。大変であるほど、乗り越えた経験は大きな自信になり、生涯自分を支えてくれる力になると感じています。先生方のバックアップの下、是非、全力で挑み、受験を人生の宝物にしてください。
2016.03.11 Fri l 卒業生(英語コース出身)の活躍 l コメント (1) トラックバック (0) l top
昨日まで国公立大学の前期試験で、受験生たち頑張ってきました。
これから、中期、後期と試験は続きます。

また、様々なドラマが生まれていますが、それは後ほど・・・

そんな中、とても嬉しい便りが届きました。

「8年前の卒業生、りさです。
会社で残業中、ふと青樹会のことを思い出してこのHPを開きました。
そしたら、まさかの悠貴の記事にビックリ!! しばらく連絡をとっていなかったので、悠貴の近況になんだか私もすごくうれしくなりました。ちなみに、今、私は、出版社で小説の編集をしています。ちょうど、平安時代を舞台にしたファンタジー小説の編集作業をしていて、行き詰まった結果、ここにたどり着いたというわけです。
いつも心に青樹会!
生徒さんに負けないよう、私も頑張りますね。」

こんな風にふと青樹会を思い出してくれる卒業生が世界のどこかにいて、
このブログを見つけて、懐かしい気持ちになってくれるのかな、と思うと、
とても温かい気持ちになります。

五島先生の言葉を思い出します。
「青樹会はこの建物じゃないのよ。みんなの心の中にある、っていうことに気づかない?」
2016.02.28 Sun l 卒業生(英語コース出身)の活躍 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「受験の時以来のワクワクです!」と、とびっきりの笑顔で教室に入ってきたのは悠貴先輩。

三菱東京UFJモルガン・スタンレー証券に就職が決まったとの報告です

大学では、イギリスヴィクトリア朝のジュエリーを専門に勉強してきました。
大学卒業論文で、成瀬仁蔵先生記念賞を受賞し、大学院でも学業成績優秀者に選ばれました。

思い出話に笑顔がこぼれます。
「私がヴィクトリア朝のファッションとジュエリーに興味を持ったきっかけは、青樹会でのMASAMI先生の授業だったんですよ!授業の時に、『ジェーン・オースティンの高慢と偏見の映画をみたら?ゆきちゃん好きだと思うよ』、というのが始まりだったんです!」

「高3の時に五島先生の授業で読んだ、エディンバラ公のスピーチを今でも大事にしているんです。抜粋して部屋に張っていて、時々読み返すんですよ。大学に行く意味、大学を経て、自分が社会に役立てる人間になるっていう意味を考えるんです。これから始まる全く新しい環境での冒険に、ワクワクしてます!」

受験を前に、勉強に取り組む3年生たちもこの報告に大喜び&ビックリ。
全員が悠貴先輩と握手して帰ってゆきました
2015.12.30 Wed l 卒業生(英語コース出身)の活躍 l コメント (1) トラックバック (0) l top
歯学部で学ぶ貴久先輩、今年4月にイギリスのシュルスベリーへ語学留学に行き、素敵な報告を書いてくれました。
(貴久先輩のブログ記事はこちら イギリス便り1 イギリス便り2

そして今日、大学の交換留学プログラムでメキシコから帰国、ホットな報告を送ってくれました。
takahisa in mexico 1

*** 以下 貴久先輩より ***

8月4日から14日までの10日間、学校の制度を利用してメキシコ州立自治大学って言うメキシコの歯学部に研修に行ってきました(^^)‼︎ ここはとても歴史のある?大学らしいです笑

今年の3月に春休みを利用して1ヶ月間イギリスに行っていたのでまだ少し英語が話せるから楽しめましたし、空港での友達の突如のトラブルにも対応出来ました!

メキシコは母国語がスペイン語なのでほとんどの人はスペイン語しか話せない状況ですが…(・・;)笑
まぁ、日本も同じようなものですね。

メキシコ研修はホームステイでホストファミリーの学生が英語を勉強しているのでその人達と話すって感じです!
両親・親族は基本的に英語は話せません!

毎日メキシコを観光して夜はパーティーでテキーラやビールを呑んでダンスを踊ってで本当に楽しいのは楽しいです!
勉強してるか?と言われたらよく分かりませんが!笑

メキシコ人は想像の通りemotionalな人種です。
別に英語が話せなくてもスペイン語が話せなくても本当に社交的に明るく行けば世界中どんな人とでも仲良くなれるってのを今回改めて感じました(^.^)!!
でも、英語が話せればコミュニケーションも取れるし話せるに越したことはないんで、みなさん勉強頑張って下さい(^^)‼︎
言語は使わないと、どんどん単語も使い方も忘れます(・・;)‼︎
忘れないうちにどんどん使って下さいー!

僕も高校の時は机に向かっての勉強しかしてなかったので、偉そうなことは言えないですが笑
ここ立て続けに海外に行って色んな人とコミュニケーションを取ってるとやっぱり英語を少しでも話せると面白いです(^^)‼︎
視野が広がると思います!
最近の日常生活でこういう時は英語で何て言うんだろう?とか思いながら生活してたら良い練習にもなると思います。
受験勉強大変だとは思いますがこれからも頑張って下さい!!

写真はテオティワカンって言う世界遺産のピラミッドの頂上での写真とメキシコの大学の歯学部長から浴衣パーティーの時に終了証書を頂いてる写真です。

takahisa in mexico 2

takahisa in mexico 3
2015.08.15 Sat l 卒業生(英語コース出身)の活躍 l コメント (0) トラックバック (0) l top