FC2ブログ
五島先生と15年以上のつながりがあるセヴァンヴェール・アカデミーで、3月5日から14日まで正式に研修を受けてきました。この学校は、30年以上続く政府公認の学校です。ドイツ人、イタリア人、フランス人、スペイン人など、ヨーロッパからの生徒が多い学校です。あるドイツ人は「全ての語学学校を調べたけれど、イギリスでベストの語学学校がここだった」と話していました。

初登校の日に、まずプレイスメントのテストを受け、その結果に基づいてクラスが分けられます。このボードが毎週更新されていき、自分のクラスと部屋を確認します。
2014-03-14 13.17.42

嬉しいことに、一番上のレベルのクラスに分類されました!
贅沢にも、MASAMI先生は、イギリス人の先生との一対一のクラスでした。

日本の教室の中とは違い、生徒も基本的に話し続けなければならないので、リスニング、スピーキングなどのコミュニケーション力が鍛えられます。また、日頃から聞きたかった質問を確認し、外国人に英語を教える難しさや文化の違いなども話すことができました。

午後には、ビジネス英語のクラスに参加させてもらいました。
2014-03-15 08.04.30

2014-03-15 08.03.28

外国人の中に入ると毎回思うことですが、英語のレベルが高いだけではカバーできない部分があります。英語の力以外に、ディスカッション力というものがあります。私たち日本人は、ディスカッションが苦手です。
このビジネスのクラスで、モデレーターがDo you agree? Shall we move on?という質問をして次に進もうとしているときでも、ドイツ人のAndreasは No, I don't agree, because....と、自分の考えを外国語である英語でも伝える努力を惜しまず、わかってもらえるまで粘り、交渉をしていきます。


また英語のテストについてですが、日本で主流の「英検」は日本人以外は誰も知りませんし、「TOEIC」さえも英語のテストとしてはあまり奨励されていませんでした。世界で通用する英語力を証明したいのであれば、IELTSやCambridge英検を目指していきたいものですね。

この研修の最後に、Certificate(語学証明書)をもらいました。インターナショナルの英語基準において、最高レベルのProficiencyのレベルをもらえました!
certificate
このProficiencyレベルは、"Native speaker standard in every skill."というレベルです!(嬉しい!)
2014.03.29 Sat l Severnvaleアカデミーでの研修 l コメント (1) トラックバック (0) l top
ヨーロッパやアメリカなどの街では、大きな通りも小さな通りも、すべての通りに名前がついています。
そして、角にある建物を少し見上げると、通りの名前を知ることができます。

2014-03-07 2
Butcher Row もともと「お肉屋さん」があった通り。

2014-03-07 3
Milk Street と High Street
「牛乳屋さん」があった通り、High Streetは街の真ん中を通るメイン通りです。

2014-03-07 4
Fish Street 
「魚屋さん」があった通りですね。

道の片側には、偶数の番地が続き、反対側には奇数の番地が続きます。
日本と違い住所は通り名と番地になります。「何通り」を調べればいいだけなので、友達の家を探すのも簡単ですね。
2014.03.18 Tue l Severnvaleアカデミーでの研修 l コメント (0) トラックバック (0) l top
MASAMI先生、英国での研修から帰ってきました。
10日間を過ごしたのは、小さな美しい街シュルズベリーでした。

2014-03-07 15

2014-03-07 1
佐野の街とはだいぶ違いますよね?
街には古い建物が今でもこんな風に残っています。

2014-03-07 15.04.50
日本でもおなじみ(ではないのかな?イギリスにはたくさんあります)costa。この建物もとても古いのです。

別の建物ですが、数字が見えますか?
2014-03-10
1932年ではありません。

1392年 です。なんと、築600年!
イギリスでは、100年や200年の建物は「新しい」と考えられるのも、頷けます。

そんなシュルズベリーの街は朝早くから動きだし、夕方には、パブやレストランを除き、静かになります。
街のお店の多くは朝8時や9時に開き、夕方5時には閉まってしまうのです。
そして、日曜日はお店はお休み。
昔ほど厳密ではなってきているそうですが、キリスト教の国では、日曜日は休息の日、と考えられているからです。
2014.03.17 Mon l Severnvaleアカデミーでの研修 l コメント (0) トラックバック (0) l top

イギリスに留学中のたくみ先輩から、戸叶先生の記事 を読んで、コメントが届きました。

***********

戸叶先生、たくみです。

はじめ、戸叶先生の記事の内容を読んで、ビックリいたしました。
実は、イギリスのコースの中で、ユヌス教授のGrameen Bankについての英語記事を読み、ディスカッションを行い、そして、エッセイを書いたばかりだったのです。

このタイミングで青樹会のブログとそれがリンクするとは、思いませんでした。何か不思議な縁ですね!!

自分も、「100%でやらないなら、意味がない。適当にやるくらいなら、やらない方がまし。」という青樹会の教えを、ここイギリスでも日々感じております。

経済について詳しく勉強したことがなかった自分にとって、正直ユヌス教授のMicro Financeに関する文章を英語で読み、ディスカッションとエッセイのテストをすることは、とても大変な作業でした。

しかし、ここは青樹会の教えを胸に、必死で120%の力で、試験に向かって準備しました。

そして結果的に試験をパスできただけでなく、青樹会のブログで戸叶先生に関する素敵な記事に、こうして出会うことができました。

青樹会の後輩たちに、僕からも「100%の力を尽くすことの大切さ」、そして、「一見無駄に思えるかもしれないことも、100%の力で取り組めば、すぐに目に見えるかたちで現れなくても、5年先、10年、いやもっと先の将来にかならず何かの形でつながっている」ことを、伝えたいなと思います。

きっとあの時、適当に試験をこなしていたら、こうして素敵な記事に巡り会い、これほどの共感を感じることはなかったのだと確信しています。
先生の一つのことに100%で取り組む、青樹会の教えを忘れずに、これからの留学生活を頑張ってまいりたいと思います。

三枝

2011.10.02 Sun l Severnvaleアカデミーでの研修 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三枝先輩は3月のはじめから、イギリスのシュルスベリーで語学研修を受けています。

この10月からダラム大学への留学が決まっており、その準備として渡英しました。

三枝先輩から、青樹会の先生たち宛てに、とても素敵なメールが届きました。一部をご紹介します。


三枝先輩  ホストブラザー マークと

Takumi and Mark

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・地震の報道はこちらでも毎日されています。
地震が起きたとき、家族のこと、先生たちのこと、青樹会のことetc、、、あらゆる不安が一気にふりかかりました。はじめは家族にも連絡がとれず、日本の状況もはっきりと分からないままで、おまけにこちらの生活に慣れていないときでしたので、ずっとモヤモヤした気分の日が続き、時には頭痛の続く日もありました。

英語に関しては、どんなにがんばってもすこしも上達しているようなきがせずに、時には会話をすることすら疲れて家の前の路で立ち止まってしまうこともありました。

日本では大変なことが起きているのに、自分は何をしているんだと、本当に何をやっても上手くいっていない気がして、自分に自信をなくし、嫌気がすることも多々ありました。朝通学するときも、悔しくて涙がでそうになることもありました。

くじけそうになる時、いつも心の中には先生の言葉がありました。
先生がアドバイスをしてくれた言葉の一つの、

「結果が出なくても頑張りすぎないこと」  この言葉がいつも自分を励ましてくれました。

日本の地震のことを外からニュースで目にし、そしてクラスでは日本人としてはどうかときかれ、ナショナリティーの壁に多くぶつかりました。

地震で母国のことを憂い、クラスでの授業を通して、自分は「日本人」なんだと、そう自覚すると、不思議と確固たる自分の意識が持てるようになったといいますか、自分の存在が他者の誰でもない、自分自身のものなのだと強い意志をもてるようになりました。

この時から、自分の中のスイッチがカチッと切り替わったような気がしています。
等身大の自分自身を見つめ、だからといって背伸びをするわけでもなく、低く見ることもなく、ありのままの自分を受け入れられるようになりました。

いまでは、授業でヨーロッパ人の会話の中にも怯まず入ることができるようになりました。彼らは僕が話す番でも、隙があるとはいりこみ、新幹線のようにとにかく猛スピードで喋り捲ります。今では、間違いを恐れずに、進んで、そして楽しんで意見を言い、会話に入るようになれました。

最近は6つあるクラスの上から3番目のクラスになりました。

大変なことの方が多いですが、すべてが自分の経験となり、将来への糧となっています。
このような素晴らしい環境で勉強に専念できることは他にはないと確信しています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、先日電話で三枝先輩と話した際、

「青樹会の後輩たち、負けるな!自分がやれることを精一杯やれ!」

と 後輩たちに向けて 声援を送ってくれました。

三枝先輩に負けないように、自分たちに出来ることを精一杯頑張りましょうね。


(文責:MASAMI)
2011.03.29 Tue l Severnvaleアカデミーでの研修 l コメント (0) トラックバック (0) l top