FC2ブログ
明日「子どもワークショップ」の一つとして、シマダ先輩がフェイスペイントを実施します!

5/21(土) 
午前11時から午後4時
イオンモール佐野
一階セントラルコートです!

皆さんお待ちしています!
スポンサーサイト



2016.05.20 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
卒業生の展覧会のお知らせが届いています。 

高山裕子個展 「水面にうつる風景を眺めて」 
日時:5月6日(金)~5月11日(水)11:00-19:00(最終日17:00まで) 
場所:HB GALLERY 渋谷区神宮前4-5-4 原宿エノモトビル1階 (TEL 03-5474-2325) Opening Party 5月6日(金)18:00-20:00まで 

先輩のホームページ(http://yuko-takayama.com/home.html)で作品を見ることができます。
先輩がデザインしたうさぎのマスキングテープ、二種類教室で利用しています。 Usagi.jpg 

  「大川みゆき展」 
日時:6月2日(木)―7日(火) 
場所:ギャラリー恵風(越谷市)
プリントザウルス国際版画交流協会の副会長をつとめるみゆき先輩。銅版画家として活躍されています。イタリアブレラ美術学校で学びました。現在は国際的に活躍され、カナダ、オランダ、ポーランド、イタリアなど様々な展覧会に選出され受賞も多数しています。
(以前足利で開かれた個展の写真です)
seiju 018 seiju 017

皆さんぜひ足を運んでください!
2016.05.04 Wed l 卒業生(アートコース出身)の活躍 l コメント (0) トラックバック (0) l top
イギリスで約2か月、英語研修にを受けているかな先輩より、便りが届きました!

*** かな先輩より ***

2月末からこちらで8週間の研修を受けています。8週間というととても長い期間のように思えるかもしれませんが、学べるものの多さを考えるともっと長く滞在したいなあと思うほどです。楽しい時間というのは本当に一瞬で過ぎてしまうものなのだと改めて実感しています。

こちらでの生活を少しご紹介したいと思います。もし皆さんがセバンベールでの研修に興味があれば、参考にしていただけたらと思います!

アカデミーのあるシュルーズベリーの町は、決して大きくはありませんがとても素敵な街並みで、歴史のある建物をたくさん見ることが出来ます。毎週金曜日のお昼にフリーコンサートを行っている教会があったり、町の中心部には小さくて素敵な建物の映画館があったりします。また、近くを流れるセヴァーン川のほとりには美しい庭園があり、時にはリスや川を泳ぐ白鳥を見たりすることが出来ます。

KANA1 

KANA2

セバンベールアカデミーは、とてもアットホームな雰囲気で、リラックスして授業に臨めます。私は最初のうちはなかなか自分から発言できず、話したくても言葉が出てこないということに悩まされていましたが、段々と余裕が生まれるにつれて、間違いを恐れずに積極的に発言できるようになりました。ただ、いまだに発音に関しては苦労しています。「fast」と「first」、「rain」と「lane」などカタカナ読みしてしまうと同じように発音してしまいがちな単語は、悲しいことにこちらでは驚くほど通じません!それに加えて、私にとって鬼門なのはイントネーションです。日本語で話す時と同じように話してしまうと、それぞれの単語をきちんと発音しても、ネイティヴスピーカーには通じないことがあります。先生が「英語は歌みたいな言語だから」と授業の中で言っていましたが、本当にその通りだと思いました。

私のホストファミリーはとても親切な方で、何不自由なく生活することが出来ています。夕食の時に今日あったことを話したり、お互い音楽が好きなこともあり好きな歌手について話したりととても楽しい時間を過ごしています。英語を話す勉強にもなりますし、学校では習うことはないであろうジョークなんかも学べます!
日本では一般に「イギリスはご飯があまりおいしくない」と言われていますが、全くそんなことはありません。私のホストファミリーは料理が好きなこともあって、毎日とても美味しい食事を頂いています。私が苺が好きだというと、ホストマザーがヴィクトリアサンドウィッチを作ってくれました。イチゴジャムとバタークリームを使ったイギリスの伝統的なスイーツです。とても美味しく頂きました。

学校がお休みの土日はリバプールやバーミンガムなどの都市へ出かけたり、ゆっくり近くの公園を散歩したり自由に過ごしています。土曜日は町の広場に野外のマーケットが開かれます。日本ではあまり見ることがないと思うので、とても新鮮でした。時には歌のパフォーマンスもあったりとても賑やかです。

こちらに来て思うのは、本当に世界は広いんだなということです。というより、自分は狭い世界で暮らしていたということに気付きました。私は以前に何度か海外旅行に行ったことがありましたが、実際に暮らしている人々の生活の中に入って一緒に過ごすということは、全く違った経験になるということを知りました。
例えば、イギリスは雨が多いことで有名ですが、「雨の日が多い」という事実よりも、「ここで暮らす人たちは晴れの日をとても大切にしていて、太陽の光を心から楽しんでいる」ということに気付くことが出来ました。言葉にしてしまえば簡単ですが、これは自分が実際に生活してみなければ気付けなかったことだと思います。
英語の上達ももちろんですが、こちらの生活を通して学んだことは一生の宝になると思いました。

KANA3 
(ホストファミリーとステイメイトです)

言葉はまとまりませんんが、もし少しでも興味があれば、短い期間でもいいのでチャレンジしてみてください。

私の研修も残りわずかとなりましたが、精一杯学び、楽しみたいと思います!
2016.04.20 Wed l Severnvaleアカデミーでの研修 l コメント (2) トラックバック (0) l top
アートクラスは現在、とても楽しい制作を行っているようです。
そもそも始まりは、「ここに集まった動物たちで物語を作りなさい」という課題。

主人公は青樹会の熊のポンポンです。
アートクラスメンバーが、企画・構成、撮影、編集、衣装制作など、すべてを行っています。

DSC_2783.jpg

DSC_2793.jpg

DSC_2798.jpg

どんな作品ができるか、楽しみです。
2016.04.09 Sat l 授業風景(アートコース) l コメント (0) トラックバック (0) l top
3月22日午後8時5分から、青樹会の教室で卒業記念スピーチ大会を行いました。

Seijukai 2016 Graduation

この日の出席者は10名+先生。とても素敵な会となりました。

*****

3月上旬に戸叶先生から英作文の指導を受け、
・青樹会で学んだこと
・これから将来どのように生きてゆきたいか
というテーマで英語原稿を仕上げました。

発表会当日、午後の早い時間、青樹会卒業生恒例行事「大掃除」で教室をきれいにしてくれました。
2016-03-22 Cleaning1
床をピカピカに磨く男子。

2016-03-22 Cleaning2
窓のサッシと1時間格闘する女子。


さて、午後8時5分、開会です。
2016-03-22 Seijukai Graduation2016

開会の言葉は航大君が、英語で担当してくれました。
2016-03-22 KOTA
"Ladies and Gentlemen, thank you for coming today to Graduation Day - Seijukai 2016..."

Wickey!が司会を担当、Kackey.がIT担当。撮影および上の表紙を作成してくれたのもKackey.です。
2016-03-22 Wickey! and Kackey

会の流れ、進行方法など、みんなで考えて、作り上げました。スピーチの前に簡単なインタビュー。
2016-03-22 Honoka and Wickey!

そして最後は、2016年青樹会テーマソング「キセキ」を大熱唱。
2016-03-22 KISEKI

春からは大学生。それぞれの道を、後悔のないように進んでいってください。
卒業、おめでとうございます
2016.03.23 Wed l 思い出 l コメント (0) トラックバック (0) l top